じょうづるはうす

離乳食☆ママ頑張ってますよ!

こんにちは♪

離乳食が始まると、
「本物の味を覚えて欲しい」とか「手作りのもので育てたい」とか「身体に良いものを選びたい」とか‥色々な想いを胸に秘めてママは頑張る訳です。

本を片手に離乳食作りに奮闘して。

なのに愛しい我が子は一口たべると「びぇぇぇ~」と入れたはずのものを口から出して、口開かない‥とかね?
この前はそれ食べてくれたのに‥なぜ?

そんな経験ありませんか?

育児雑誌に載ってる先輩ママさん達は「家の子はコレが好きでよく食べてくれますよ。」と言ってますけどね。

「よく食べてくれる」
その言葉に何度落ち込んだ事でしょう。

我が子は少食で、月齢にあわせた食事量の半分も満たない量を、何とか食べさせる‥の繰り返し。

食事時間の度に、次に作る離乳食を考えつつ「カボチャだよ~あ~ん」とか言ってる訳です。

私の調理方法が悪いのかな~と悩み何冊離乳食の本を購入したでしょう‥‥。

結果
「運動量を増やす、食事を2人分用意して一緒に食べる」
これで食べムラはあるものの少しずつ食事量がふえました。
そして「これが○○のたべる量だから、無理に本のような量じゃなくても‥」と思うようになりました。

写真で食べる量がわかるのは有難いですが、「これが平均」と言われてる様で、そこからはずれると気持ちが沈みましたね。
個人差があるのは当たり前って気付くと、色んな意味で気持ちが変わりました。(*^^*)

 

Scroll to Top